七五三

七五三の写真取りに行きました。

ウィキペディアによると、「七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う日本の年中行事であり、神社などで「七五三詣で」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭。」

最近では七五三のお参りよりも写真取りがメインイベントになっている風潮もあるみたいです。写真は一生残りますからね。

チャレ太郎とチャレ子は年子なので、今回も二人まとめて「かぞえ年」と「満年齢」にこじつけてハイポーズ。

数年前の写真撮影では、チャレ子が緊張しすぎて写真を撮るとなったら顔が固まって笑わなくなってしまった。それを見て大爆笑していたマムでした。

今回の写真撮影では、チャレ太郎が恥ずかしさからかふざけっぱなしで、なかなかいいショットが撮れずマムがイライラ。チャレ子は楽しみにしていただけにとても落ち着いていました。

子供の成長を感じ、感慨深い七五三でした。

 

秋の遠足

チャレ子の保育園での最後の遠足です。

お天気も曇りでいい感じ。

朝早くからお弁当作りしました。

 

 

 

 

遠足と言っても我が家から徒歩1分の公園なので、

子供たちの元気な声が我が家まで響いてきます。

見に行きたい衝動を抑えながら、化学の勉強をしています。

不器用マムのミニオン弁当食べてくれたかな。

ロボット教室の体験会に行きました

小学生だったころの習い事って、

そろばんや習字、ピアノ、公文、スイミング、etc.

プログラミング教育の必要性が求められているそうな。

確かに近い将来ロボットや人工知能が人に代わっていろいろな仕事をしていくんでしょうね。すでにそうなってきています。危機感を持たなくちゃ。

 

まだ少数点も習っていない小学生なのに、プログラミングに必要な数の概念までおしえてもらいました。実際にツールを使いながら体で覚えていくような感じです。

いまだにガンダムのようなでっかいロボットを作れるんだと信じているチャレ太郎ですが、とりあえず入会してみよう。理数系に強い子になってほしい。自分が化学で苦労していますから。