翻訳者とダイエット

久しぶりに体重計に乗ってみました。

おそらく6か月ぶりくらいでしょうか。

驚きのレベルで重さの新記録を達成しており、オバフォー(オーバー40歳)母ちゃん顔は真っ青になってしまいました。実際には、わかってましたけどね。目を背けていました。

具体的な数値はさておき、育児中(子供が1~4歳くらい)と比べて驚異の15キログラムほど増えています。えっへん<(`^´)>。

原因は以下の通りです。

  1.  自転車移動から自動車移動がメインになった。
  2.  仕事を辞めて、通勤での移動がなくなった。
  3.  仕事を辞めて、自由に食べる時間ができた。
  4.  育児に手がかからなくなり、好きなものを好きなだけ食べる余裕ができた。
  5.  プロの翻訳者を目指しているため、デスクワークが多い。
  6.  ラフな格好ばかりしている。

つまり、「運動不足」と「過食」ですね。

翻訳者はデスクワークが必須事項となりますが、フリーランス翻訳者となると、健康管理も必須条件となりますよね。

健康でなけりゃ翻訳者として満足に活動することもできないわけです。

ここから具体的に行動です。

まずは、「過食」問題への取り組み。「ダイエット」、「ダイエット&40代」などで検索してみます。芸能人の方々が愛用している飲料などが出てきました。初回はサービス価格ですが、その先数カ月は必ず購入しなければならないようです。

青汁やダイエット飲料なども飲んだことないし、続けられるか不安だし、ハードル高いかも。

そこで、近所のへドラッグストアへGO!フルーツ風味の青汁(粉末)を発見して購入しました。30包入りでだいたい1,000円くらいです。お試しにはちょうどいい。

大して動かないのに、昼食はパスタとか、ラーメンとか、カレーライスとか、糖質をガンガン摂取していましたので、しばらくは青汁に置き換えてみることにしました。

食事を青汁だけにするのは、栄養面であまり推奨されていない方法ですが、今は緊急事態ですので子供がいない日だけはこれを試してみよう。

これまで2日間試しましたが、今のところあまり苦痛ではないですね。意外とおいしいです。フルーティな抹茶を飲んでいるような風味がします。ちょっと粉っぽい感じが気になるくらい。お値打ち価格なのでここは我慢我慢。

さらに良いことに、昼食後に満腹感によって睡魔に襲われることもなくなりました。午後の勉強も今までより集中できます。

ダイエット&健康&勉強、三拍子でメリットがあるわけです。続けることが重要ですけどね。

後は「運動不足」をどう補うかを検討したいと思います。

結果は、乞うご期待です!