児童虐待のニュースが横行する時代に思うこと

「児童虐待」

いつからこういった言葉が、世に出ることとなったのでしょうか?

「児童虐待の防止等に関する法律」(児童虐待防止法制度)が、2000年11月に施行されました。

ということは、その前から増え続けていて社会的に問題になっていたと言うことです。虐待が、昔から数限りなくあったとしても情報がここまで広まる社会でもありませんでした。

子を持つ親としては、こういったニュースが胸に突き刺さります。

昭和の人間からすると、親父がちゃぶ台をひっくり返したり、子供に手をあげるという話は、結構あったように思われます。ただ、食事を与えなかったり、寒い部屋の中で監禁状態に置くなどということはかなり病的な行動としか思えません。親の精神が病んでいるのでしょうか。

原因として考え得ることは、
  • 子供を親のストレスのはけ口にする。
  • 「しつけ」の範囲内であったことがエスカレートしてしまった。
  • 子供に完璧を求めるが故に強く当たってしまう。
  • 子供を「自分の物」ととらえて、何をしても良いと考えている。
  • 血が繋がっていないために、かわいいと思えない。
  • 親に虐待されていた。

原因は様々だと思います。

「虐待は絶対にしてはいけない行為」です

が、正直な気持ちでいうと、虐待してしまう親の気持ちはなんとなくわかるような気がしています。あくまでも気持ちの範疇でのことです。

決して許容してはおりません。

育児というものは、想像よりもうまくいかないことが多いんです。子供の気持ちも大事ですが、そんな親の気持ちになって周りの人がサポートできる世の中になることを願います。人間関係が希薄な今だからこそ、虐待死してしまった子供の命を無駄にせず、大人が深く深く考えるべきなのです。

『親のストレスのはけ口にする』

子育てをしていく中で、確かに感情的に怒ってしまうことはありますし、子供の成長に自分自身が追いつかず、いっぱいいっぱいになってしまうこともあります。親であっても気持ちに余裕がある時ばかりではありませんので。恥ずかしいですが、パパに八つ当たりしたり、物に当たることもありました。

泣けるほど子育てに悩むこともありました。こんな時は、やはり友達に話したりして聞いてもらったり、先輩ママに助言をもらったりして助けられたりしました。

親自身が「正しいストレスのはけ口」を自分で探すべきです。

『「しつけ」の範囲内であったことがエスカレートしてしまった』

悪い言葉を使った。他の人に迷惑をかけてしまった。そんな時は「この行為はだめなんだよ」ということをしっかり教えなければなりません。ただ、子供が一回注意したくらいで直せるでしょうか?100回言っても直らないこともあります。

子供はなんとなく楽しくて「悪いこと」をやってしまうものです。「悪いこと」だからしようとしているのではなく、「楽しいこと」がたまたま「悪いことだった」ということもあります。

何度も同じことを言ってもわからない場合は、親のストレスにもなります。わかってもらえないんですから。それでさらにエスカレートして強く怒ってしまいます。

そんなときは、しばらく放っておいたらどうでしょう。緩急を付けるという感じです。ただ、他の人に迷惑をかけている場合は、その場で止めさせなければなりませんね。

『子供に完璧を求めるが故に強く当たってしまう』

他の子ができているのに自分の子ができない場合、「他の子はできているのになんでできないの!」、とか「育て方に問題があったんじゃ」とか、親は焦ってしまいます。

個人差があることを認められるようになるまでには、親としての経験を積んでいく必要があります。客観的に見ると当たり前の事実ですが、子供のこととなると冷静にはいられないことがあります。

息子の夜のおねしょがなかなか治らず、小学校に入ってもすぐには治りませんでした。生理現象ですから、いけないのですが、ついつい声を荒げてしまう日もありました。

誰にでも「個人差」があるんだ、いつかは治るんだ、ということを学びました。

『子供を「自分の物」ととらえて、何をしても良いと考えている』

特に子供が小さいうちは、すべてママやパパが「お手伝い」をしてあげなければ、なにもできないので「所有物」のような感覚が現れてしまうことはあります。

親ができることは、子供が(曲がりなりにも)大きく成長するための「お手伝い」であって、子供は自分自身で成長していくれっきとした一人の人間です。親が身代わりになることはもできません。

『血が繋がっていないために、かわいいと思えない』

これは、自分にこういった経験が無いので、理解するには難しい問題です。

客観的には、虐待をしてしまうくらいなら、何らかの形で別々に暮らすことを考えたらよかったんじゃないかな。距離をおくことで解決することはよくあります。

『親に虐待されていた』

これが一番やっかいな部分だと思っています。「血」や「遺伝」というのは怖いもので、嫌な部分ほど親に似てしまう、と感じることが多いからです。かなり深いところで繋がっているんでしょうね。

時には「逃げること」も必要です。

親も完璧ではありません。今では相談できるところもあります。虐待しそうになったら、トイレにこもって泣いてもいいですから、育児から「逃げてください」。数分でも、数時間でも落ち着くまで「逃げてください」。

何も心配はいりません。たとえ怒りすぎたり離れたりしても、子供はママやパパが大好きです。ちゃーんと育ちます。

安心して下さい。愛してくれてますよ。

知識の体系化と翻訳の勉強

体系的に知識が結びつくまで深掘りすること。

勉強していく中で、繰り返し教えられてきたことです。表面的には目に見えないけれど、地面の下では繋がっている。そのつながりの部分まで知識を深掘りしていく。

ある概念が次に出てきたときに、またそれを繋げていく。

どんどん脳の中で広がっていく。

「有機化学」から「理論化学」に学習内容が変わっても同じ概念が次々に出てくる。繋がっている。

用語を検索してみると、一つの物質が半導体や化粧品、食品にまで関係している。繋がっている。

点を集めていくことから、点を繋げていく段階へ。

 

なんとなく英語は得意!

なんとなく翻訳をやりたい!

なんとなく特許翻訳をやりたい!

ここまではなんとなくで楽に来られた。

 

ここからは、具体的に進んでいくこと。

(好きな)分野を決める(化学、電気、機械、IT、半導体、バイオ、医薬、医療、等)。

分野を決めた!

その分野の勉強。(関連の本を買う。最初は簡単なものから)

関連する「特許明細書」を読む。

対訳のある特許を読みながら用語を集めていく。

わからない用語を調べてみる。

自分で訳してみる。

 

勉強していくうちに、

もやっとした「点」がはっきりと見えてきて、

他の概念と繋がってきます。

 

私も途中段階です。

ただ、正しい道を進んでいる実感があります。

夢子の手相

20代のころに手相を占ってもらった時のことを思い出しました。若いころのお話ですけどね。かなり昔のことです。現在オバフォー(オーバー40歳)ですからね(再確認オーケー)。

50代後半~60代くらいの女性の占い師さんだったのですが、第一声から「あなたは、『夢見る夢子ちゃん』ね」って。

いやいや私はかなり現実的なタイプなんですけどね(プリプリ)!ってその頃は思っていました。

カナダの大学に入学して、素敵なカナダ人の恋人と出会い、結婚して移住し、天使のような子供たちに恵まれる。

現実はちょっと違っていましたが、天使のような純日本人の子供たちには恵まれました。でも、目標がありながらもだらだらと過ごしてしまっていたんです。

手相にも出るくらい「夢子」だった私が変われたのは「レバレッジ特許翻訳講座」を始めてからなんです。実際の「夢子」は自分が「夢子」だなんて気づかないわけですから。

本当にマインドから変えられる特許翻訳講座です。今の自分を変えたい英語女子の「夢子さん」におススメします。

女性が活躍する社会とは

『女性活躍推進法』

なんか心にチクッと刺さるネーミング。

女性にもっと活躍してもらおう?

女性の労働力を活用してこなかったから?

人手が足りないからもっと女性に働いてもらおう、ってか?

 

そもそも『勝手に評価してこなかったこと』を棚に上げていないか?

 

女性は、男性と同等に働いても評価されなかった時代があった。

これまでも女性が家庭を支え、社会を支えてきたんじゃないのか?

形は様々でも十分活躍してきたわけです。

沖縄旅行で思い出すこと

去年のちょうど今頃、

会社にお休みをいただいて、家族で沖縄旅行に行ったっけ。

お天気も最高で海もきれいだった。

チャレ太郎は「アグー豚おいしかった」って

マムの口には入らなかった気がする。

最高の思い出・・・

 

そこから坂道転がりはじめた。

旅行で休みを取ったことで文句を言う人が出た。

(子供の病気やイベントで休む日も多かったな。)

仕事のことでもヤンヤ言われだした。

(子供のお迎えで残業もできなかったな。)

正社員なのに・・・

さらに・・・

さらに・・・

 

というわけで、十数年勤めた会社を退職し、

レバレッジ特許翻訳講座と出会ったわけです。

 

人生ってわからないもんです。