特許翻訳者への道のりの途中(2018/10/03)

とうとう秋です。今年の夏は、猛暑や豪雨で本当に日本中の方々にとって過酷だったと思います。

本当に久々の更新となってしまいました(深く反省中)。

ちょくちょく翻訳チェックのお仕事をいただくようになり、「勉強しながら稼ぐ」という目標は、達成しました。ただ、8月まで「特許翻訳」というカテゴリーのお仕事は皆無でした。

7月には特許翻訳者としてデビュー!などという目標を掲げていたにも関わらず、立て続けに2社の特許翻訳分野の翻訳トライアルに落ちてしまいました。がっくりしている暇もないのですが、なんとなくチェッカーのお仕事をこなす日々になっておりました。

さらに魔の夏休みに入り、子供達の喧噪と共に時間は過ぎるばかりでした。勉強もはかどらずなんとも悶々としていた次第です。

8月に入って、とあるプロの特許翻訳者の方と交流をさせていただく機会があり、なんともご親切に「下訳」ではありますが、特許翻訳のお仕事をいただけるようになりました。ステップアップとまではいきませんが、ようやく特許翻訳者への道と繋がることができた、という気持ちです。まだまだですけども。

8月~9月の間に、特許翻訳の下訳を2件させていただき、プロの方の完成文と比較させていただいて、至らない部分の多いこと、多いこと・・・。いままで結構特許翻訳の文章を読んだり、多少は訳してみたりしてきたつもりでしたが、もっともっと自分で訳して経験を積まないと、プロには全く及ばないですね。

分野としては、機械関連の特許です。化学以外に機械分野でも勉強と経験を積んでいきたいと思っていたので、本当に有難く思います。とても親切に機械分野で使用する用語などについてもいろいろ教えていただきました。図面でもイメージが比較的しやすい特許を選んでくださったのかなと思います。

当たり前のことですが、分野によって同じ英単語に対しても、あてる用語が違いますので、それをひたすら学んで、翻訳ツールに取り込んでいきます。ただ、翻訳ツールをあてにして置換するだけでもいけません、とわかっていても現在は「木を見て森を見ず」状態になっています。とにかく訳すことだけに精一杯です。

以前から半導体の勉強も進めるつもりでしたが、どうも「好き」という気持ちが足りず、遅々として進まずの状態でしたので、この機会に機械分野に鞍替えしてしまおうかと思っています。

特許翻訳のトライアルもこれから気合いを入れて受けていきたいと思います。しばらく翻訳チェッカーのお仕事もお休みさせていただくかもしれません。このままではさまよいながら過ぎていきそうです。

ブログの更新は途絶えていましたが、特許翻訳者になるという気持ちはますます強くなり、前に向いています!!

同じような目標を持つ方がいらっしゃれば、紆余曲折ありながらも、ぜひ前を向いて進んでいっていただきたい。オーバー40歳(オバフォー)でも頑張っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です