英訳文の校正と翻訳チェックのお仕事をいただきました。

お仕事のご依頼を2件いただきました!

先週から今週にかけて校正のお仕事を一ついただき、今週から来週にかけて翻訳チェックのお仕事を一ついただきました。別々の翻訳会社さんからの依頼です。

残念ながら、特許でもなく翻訳でもないお仕事ですが、今の実力をもって、できることを一つずつこなしていこうと思っています。

今回初めて、日本語から英語へ訳した文章の校正依頼でした。請けるべきか迷ったのですが、内容は比較的わかりやすく、英訳者への道としても勉強になるのではないかと、請けさせていただきました。

ネイティブの方が訳した文章の校正ですので、ネイティブではない私で務まるのかと不安になりながら始めました。

日本人にしかわからないニュアンスがある。

実際に英訳文と日本語の原文を見比べてみると、日本人だからこそわかるニュアンスが英文に反映されていない部分が多々ありました。

わかりやすく言うと、ただの例としてですが、森や林、山や里山、川や河川、小川、清流、沢などのニュアンスをどう伝えるのかという部分です。川一つとっても規模が違うので日本人のイメージを正確に伝えることは、日本で実際にその景色を見た人じゃないと難しいかもしれません。日本人でも「正確に」となると難しいのかもしれません。

さらに、文章を読んで、係り受けの部分がおかしく、内容的に誤解されそうな部分は手直しをしました。文章として、もう少し違う接続詞を使った方が、文章が生きるのではないかな~という部分に関しては、内容次第で訂正をしたりしなかったり。

この訂正を「するか、しないか」という部分に関しては、翻訳者の方の意図をできる限り汲み取りながら判断をしていきます。

校正と言っても翻訳チェックも兼ねているので訳抜け等の補充もしていきます。翻訳者の方も必ず見直しはされると思いますが、自分の訳文を本人が見直すよりも、他人が読んだ方が間違いに気付きやすいんだろうな、ということは感じます。

英訳がやりたい!

今回の英訳文の校正に関しても、かなり勉強になることが多く、英訳をやりたい!という気持ちが再燃してきました。実は、もともと英訳者を希望していたのです。

それは、特許翻訳者として和訳がしっかりとできるようになってからと決めていますので、まだまだ先になりそうです。なぜなら、順番として、しっかりとわかりやすい日本語で正確に翻訳をできるようになってから英訳は勉強するべきだとわかったからです。純日本人であっても、和訳は非常に難しいです。

とにかく山を登りながら、経験を積んでいきます。

来週にかけて翻訳チェックのお仕事もいただきましたので、これも真摯に丁寧に慎重に作業にあたりたいと思います。