特許翻訳者への道はまだ遠し(2018/06/01)

とうとう6月に入りました!

いや、入ってしまいました!

最初に「レバレッジ特許翻訳講座」わらをもつかむ思いで入門してから、7月の中旬で1年になります。本当にあっという間の一年でしたが、自分の中では成長が感じられる日々でした。翻訳者としてのツール(TRADOS、パソコン、その他のソフトウェア)をそろえたり、本を買ったりと、具体的に動いていくうちに気持ちも変わるものですね。

7月には特許翻訳者として実ジョブをゲットするという目標を掲げています。

ただ、本日のさわやかな風が吹く朝一番で、

「不合格」

のお知らせをいただきまして、ちょっぴりへこんでしまいました。

特許翻訳の「化学」でしたので、本来ならかなり気合いを入れて挑まなければならなかったのでしょうが、4月の実ジョブの数日後が提出期限でしたので、焦って作業をしていたことは覚えています。翻訳者としてトライアルに3社(クラウド系っぽい会社さんは除いています)合格をいただいていますが、特許翻訳の内容ではまだトライアルの合格をいただいたことがないので、やはり足りない部分がかなりあるのだろうと思います。

ぼーっと落ち込んでいるわけにはいかないので、なぜだめだったのかを検証していきたいと思います。読み返してみると、部分的にあれ?っと感じる部分があります。見直しは数回しているのですが、違和感があります。

内容を見ていくうちに、実際にイメージができていたできていた部分と、イメージできていないのに訳していたんじゃないか?という部分(いわゆる置換屋さんモードの部分)がはっきりとしてきました。比較的短い文章でこれでは合格しないはずです。

今後は、勝手に私が選んだ「一軍の」翻訳会社さん(特許に強い翻訳会社さん)に挑んでいきますが、このままでは絶対に合格しないので、改めてしっかり特許明細書と向き合って勉強していかねばなりません。

「失敗から学ぶ」

去年の12月末から翻訳者&翻訳チェッカートライアルに挑戦しているので5ヶ月とちょっと経ちました。トライアル挑戦したての頃は、「文字化け」文書を翻訳会社さんに送りつけてしまったり(絶対にやってはいけないことなのです)、メールに記入しなくてはならない必須事項を記入せずに送ってしまったり(後で訂正してメールしましたが)、ということがありました。

その後は、文字化けの原因であったフォントを必ず直して、メールも数回チェックして、間違えることはなくなりました。早いうちに「失敗する」ことによって、悪い部分に気づき、反省して「階段を昇っていく」ことができるのです。

「千里の道も一歩から」

 

  • トライアル応募 20件
  • 連絡待ち 9件
  • トライアルが送られてきた件数 11件(提出済み11件、取り組み中0件)
  • トライアル課題待ち 0件
  • トライアル結果待ち 2件
  • 合格(登録)件数 4件(翻訳者登録3件、翻訳チェッカー登録1件)
  • 不合格件数 5件(内、書類選考で不合格1件)

「特許翻訳者への道はまだ遠し(2018/06/01)」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です