翻訳の実ジョブいただきました!(2018/05/31)

翻訳の実ジョブいただきました!

4月に翻訳の実ジョブをいただいた翻訳会社さんから、2件目の実ジョブをいただきました。とはいえ、以前のものとは違って1000ワード程度のミニミニ案件です。契約書の翻訳ですが、実ジョブを下さる翻訳会社さんとの良好な関係を築いていくためにも有難くお受けしました。

やはり「稼ぎながら勉強する」モードに入ることが大事ですし、今の現状では仕事を選ぶなんてことができる立場ではありません。本当にお仕事をいただけることが有難いです。

目標はもちろん特許翻訳です(自分に念を押す)。

契約書も特許翻訳も法律が関わる文書です。関連がないわけではありません。内容は比較的読んでいてわかりやすかったのですが、いざ訳すとなると用語の選択に戸惑います。ネットで関連する用語を拾っていきます。非常に親切に契約書の用語を説明してくださっているサイトがあったので助けられました。

結構時間が掛かりました。納期は2日間です。パパッと進めたかったのですが、2日目には、朝4時に起きて作業しました。夜遅くまで無理して作業するよりも、朝早く起きて作業する方が、格段に効率が上がります。

納品するまでにも数回チェックをしてなんとか納期に間に合いました。やはり実ジョブの緊張感は半端ないです。納期に間に合わなかったらどうしようという不安もあります。こういったことを乗り越えてこそ本当の意味での「プロ」になれるんでしょうな。まだまだ”ひよっこ”どころか”卵”といったところで早く殻をバリバリ割って産声を上げてみたいです。「わたしゃプロの特許翻訳者だぞー!」って堂々と言ってみたいものです。

「プロ」という言葉の重さをひしひしと感じる今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です