学習記録19(2017/11/13)

対訳に関してのビデオセミナーを視聴しました。

E’Storageで取り込んだ日英の対訳を合わせながら特許明細書を読むこともありますが、作業に集中してしまい内容理解がおろそかになってしまうことがあります。まずはわからない語句を調べながら読み込み、内容を把握した後、対訳収集という手順が良さそうです。

安易に対訳収集だけをしないこと。

対訳が正しいとは限らない。チェッカーになったつもりで読むこと。

まずは読もうとする特許明細書の分野を勉強し、知識を深め理解の幅を広げること。

 

 

【本日のチャレンジ活動】

ビデオセミナー

「対訳で勉強する際の注意点」No.2109

「対訳収集は勉強ではない」No.2110

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です