七五三

七五三の写真取りに行きました。

ウィキペディアによると、「七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う日本の年中行事であり、神社などで「七五三詣で」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭。」

最近では七五三のお参りよりも写真取りがメインイベントになっている風潮もあるみたいです。写真は一生残りますからね。

チャレ太郎とチャレ子は年子なので、今回も二人まとめて「かぞえ年」と「満年齢」にこじつけてハイポーズ。

数年前の写真撮影では、チャレ子が緊張しすぎて写真を撮るとなったら顔が固まって笑わなくなってしまった。それを見て大爆笑していたマムでした。

今回の写真撮影では、チャレ太郎が恥ずかしさからかふざけっぱなしで、なかなかいいショットが撮れずマムがイライラ。チャレ子は楽しみにしていただけにとても落ち着いていました。

子供の成長を感じ、感慨深い七五三でした。

 

学習記録19(2017/11/13)

対訳に関してのビデオセミナーを視聴しました。

E’Storageで取り込んだ日英の対訳を合わせながら特許明細書を読むこともありますが、作業に集中してしまい内容理解がおろそかになってしまうことがあります。まずはわからない語句を調べながら読み込み、内容を把握した後、対訳収集という手順が良さそうです。

安易に対訳収集だけをしないこと。

対訳が正しいとは限らない。チェッカーになったつもりで読むこと。

まずは読もうとする特許明細書の分野を勉強し、知識を深め理解の幅を広げること。

 

 

【本日のチャレンジ活動】

ビデオセミナー

「対訳で勉強する際の注意点」No.2109

「対訳収集は勉強ではない」No.2110