学習記録18(11/8)

講座を始めた当初は、化学関連の特許明細書を見ても全く理解ができず、少しもイメージをつかむことができませんでした。

ずぶの素人である私ですが、「岡野の化学」を続けていくなかで関連項目の特許明細書をみていくうちにイメージができるようになってきました。細かい部分での理解はまだまだ不十分ですが、かなりの進歩だと思っています。

しかも、わかってくると楽しくなってくる。「岡野の化学」が子守唄じゃなくなった!

継続は力なり!プラトーでも楽しんでいこう!

 

【本日のチャレンジ活動】

特許明細書読み込み

軟磁性樹脂組成物および軟磁性フィルム(特開2016-108561 )

 

ビデオセミナー視聴

「対訳活用法」No.2108 対訳を取る意味を考える。

「山を俯瞰できるのは山を抜けた時」No.2104 成長曲線を意識し、自分がどこにいるのかを知る。

「最強の勉強法」No.2107

失敗から学び、いろいろな解決策を試してみる。大量インプット&大量アウトプットが超速学習の秘訣。

「トライアル応募のための準備作業」No.1633

トライアルを受ける翻訳会社をリストアップ→特許明細書読む→CV完成→トライアル挑戦→失敗する→トライアルレビュー

「トライアルのお作法」No.1675

トライアルが送られてくる→その分野の情報収集→ノートにまとめる→その特許を出している会社の特許を読んでみる→翻訳する

「トライアルの受け方」No.1681

一気にトライアルが来た時などの対応力。フリーランスとしての高い意識を持つ。

「トライアル合格のためのマインドセット」No.1687

自分の実力を見極めて応募する。自分の翻訳が商品として価値があるのかを客観的にみる。

「最短でトライアルを突破する方法」No.1776

専門分野決定→対訳取る(50件くらい)→わからない言葉調べる→メモリ&用語集を整備する→CV作成→トライアル開始→失敗する→トライアルレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です